プリザーブドフラワーを使う

プリザーブドフラワーの特徴とは

プリザーブドフラワーの特徴とは

プリザーブドフラワーは特殊な技術を使って生花のようなみずみずしさを残したまま長期間飾れるように作ったものです。
1991年にフランスのヴェルモント社が世界で初めて特許認定を取得しました。
保存状態が良ければ1年~2年は鑑賞することができ、花粉がつかないのでアレルギーの人に渡すプレゼントにも適しています。
ドライフラワーは植物を乾燥させていますが、プリザーブドフラワーは植物の樹液を抜いてオーガニック系の染料を吸わせた後に乾燥させます。
染料は自然で美しい仕上がりにするために重要で、生花では存在しない色も再現できます。
例えば青いバラなどカラーバリエーションが豊富です。
カーネーションもプリザーブドフラワーに使われることが多く、柔らかい感触に仕上がります。
花びらをバラバラにすることもあり、母の日に需要が高まります。
少し販売価格は高い傾向にありますが、水遣りや水換えなど世話が必要ないのでコストパフォーマンスが良いです。
飾る時は高温多湿を避けて直射日光も当たらないのが良いです。
劣化を防ぐにはエアコンの風も避けます。
湿気が多い時期には花びらが滲むことがあります。
その時は温度や風を調整した上でドライヤーで乾かすと元の状態に戻ります。

ギフトとしておすすめなプリザーブドフラワー

日常の中でギフトを贈るシチュエーションは色々あります。
誕生日や記念日、結婚式、何らかのお祝いなど、様々なタイミングでギフトが必要になりますが、その際には何を贈るかで迷ってしまう方は少なくないはずです。
そしてできれば失敗のない贈り物を選びたいところですが、そんな時にはプリザーブドフラワーを贈ってみるのもおすすめです。
ギフトの定番でもあるのが生花であり、特に女性には喜ばれ易い存在と言えます。
しかしながら生花というのは贈られる側も困ってしまうことがあるのです。
枯らさない為には管理が必要ですし、そして枯れてしまった時に処分するのも案外大変だったりします。
その点、プリザーブドフラワーの場合は何の管理もせずに綺麗な状態をキープさせることができ、そして生花としての美しさも堪能することができるのです。
ですから贈られた側の負担も少なく、ギフトとしても役立つ存在と言えるのではないでしょうか。
プリザーブドフラワーというと生花の代わりという位置付けでしたが、色々な付加価値があるタイプもあるのです。
例えば時計と一体になっているタイプだったり、写真立てタイプもあります。
その為、単に生花の代わりとしてだけでなく、実用性のある贈り物をプレゼントしたい時にも最適です。

オススメのプイリザーブドフラワーギフト

プリザーブドフラワーのギフト通販専門店

プリザーブドフラワーギフト