プリザーブドフラワーを使う

ブーケにプリザーブドフラワーを使用する魅力

ブーケにプリザーブドフラワーを使用する魅力

プリザーブドフラワーは見た目が生花によく似ている一方で、保存方法をきちんと守れば10年以上美しい状態を保つことが可能です。
そのため最近では花嫁が持つブーケに用いられる機会も多くなってきました。
従来の生花では式が終わった後は萎れて破棄するしかありませんでしたが、プリザーブドフラワーであれば結婚式の大事な思い出の一つとして、そのまま自宅に飾っておくことが可能です。
また生花には表現が難しい青や茶色といった個性的な色があるのも大きな魅力です。
その他には生花よりも移動手段が制限されない点も、生花よりもプリザーブドフラワーがブーケに適しているポイントの一つでしょう。
海外での挙式の場合、ブーケを現地調達するか日本から持ち込むかは悩みどころです。
ただ現地調達だと花の構成が気に入らなくても直してもらえるかどうかは不透明ですし、日本から生花をわざわざ持っていくのは手間がかかり、途中で花がしおれる危険性もあります。
プリザーブドフラワーなら出立前にじっくりと時間をかけて気に入ったものを選べるので、不満の残るブーケで挙式を上げる心配はないでしょう。
花に水分を与える必要もなく枯れる危険もないので、持ち運びも非常に簡単です。

ウェルカムボードはプリザーブドフラワーで作ろう

結婚式の二次会などで使うウェルカムボードですが、友達のグループなどで手作りのものを用意してあげるというスタイルが、人気を呼んでいます。
フラワーアレンジメントを習っている友達が作ったり、というのもよくあるケースなのですが、生花の場合には、なかなか長持ちをしないこともあり、時にはしおれてしまってせっかくのウェルカムボードが台無しになってしまうというような事も無い話ではありません。
そのために、ドライフラワーで作るというような事もありますが、やはりどこか華やかさに欠けてしまうという事にもなりがちです。
そこでお勧めなのがプリザーブドフラワーです。
プリザーブドフラワーというのは何かと言うと、特別な技術で花をきれいなままの状態で加工してしまうものの事を指していいます。
そのために、花の持つ美しさを損なうことなく、同時に水をかえたりするというように鮮度を気にする必要もないという手軽さも魅力のアイテムなのです。