プリザーブドフラワーを使う

プリザーブドフラワーは店舗に飾るにも最適

プリザーブドフラワーは店舗に飾るにも最適

プリザーブドフラワーとは、生花に染料を吸収させて特殊な加工を施し、自然な風合いと花色を長期間保てるよう加工した花の事です。
生花の水分を抜いてから染料への浸し、排水してから乾燥させる4つ工程で製作されます。花が一番美しく開いた時期に摘みとり、その姿を長い間楽しめます。
使用されるテイル液体はオーガニック系の染料なので、健康に影響を与える心配がありません。プリザーブドフラワーは様々な場面で利用でき、店舗などに花を飾りたい時にもおすすめです。
生花はきちんとケアを行っても数日で劣化していくので、数日ごとに取り替えなければいけません。しかしプリザーブドフラワーであれば交換の手間がいらず、コストの軽減にも繋がります。注意点として、プリザーブドフラワーはデリケートな性質なため、店舗が気温差の激しい場所や湿気の多い場所にあると、本来の寿命よりも早く劣化を迎える可能性があります。
そのため、湿気が少なく直射日光の当たらない場所に飾る事をおすすめします。

プリザーブドフラワーは開店祝いにおすすめ

知り合いや友人、取引関係業者が新規開店・新規開業を行った際には、開店祝いを贈り祝う気持ちを伝えます。しかし開店間もない時期は忙しく、お花を贈られた方は世話に手間が取られてしまいます。
そんな時に便利なのが枯れないお花であるプリザーブドフラワーで、湿気や直射日光にさえ気を付ければ水やりや枯れる心配が不要になります。
自然から抽出した染料を吸いこませれば、ナチュラルでありながら青いバラのように既存にない花の色を作り出す事もできます。
また、プリザーブドフラワーは軽いので置き場所も選ばないのも利点です。適切な環境に置いておけば、1年から3年程度は生花のような美しい姿を楽しめるので、長く飾ってもらえます。
さらにプリザーブドフラワーのは花粉が匂いがないので、飲食店や病院などに飾る事もできます。
開店祝いの際には、店舗の雰囲気に合わせてオーダーメイドで注文する事も可能で、ラッピングやメッセージカードなど細かな部分にこだわる事ができます。